母音の口の形で変わる!「ア」編

コラム(54) #ボイストレーニング

正しい母音の口の形は諸説あります。
というか変遷があります。

私自身、16年前に書いた著書『声のトレーニング』の母音の口の形の部分を訂正したいと思っています。

(実は裏もよいんです♡)

著書に書いた情報が古いか、というとそうとも言えず。。。
今でも同じ情報を正しいとしているボイストレーナーが結構います。

うーむ、なんか微妙な言い方ですよね(笑)

改めてググってみてちょっと驚きました。

これから書く情報は、そうしたプロセスを経て、more betterなものです。
確実に響きがよく発声しやすい。

前置きが長くなりました。

まず、二つのことを押さえてください。

顔を前に使う
顔を横に広げない

この二つが16年前と違います。

アの形

①下あごをちょっと下げる
②縦に指二本半分くらい開ける
③上あごを持ち上げ、上の歯を出す
④顔の筋肉を鼻のあたりでつかんで前方向に引っ張る

注意ポイント

・下あごを下げすぎない
あごが痛くなるほど下げてしまってはダメ
ぽかっと口を開けるくらいの感じでむしろ上顎を広げる

・上の歯を見せる
上の歯が隠れると籠もります

・口角を上げない
そう!顔を横に引かない

以前はアは笑顔
と私も言っていました

笑っている気持ちはgoodです。
写真を撮るときの「チーズ」的な笑顔はNGなのです。

顔を前に使うって理にかなっているんですよ。

顔を楽器だと思ってください。
前に音を出したいので、横に広がるより前に長い方が効率的です。

次回エとイを書きますね。

実は母音発声には舌も重要なポイントなんですが。
舌だけでいくつも記事が書けてしまうほどなのでまた改めて。

今回は唇の形のみに絞って行きますね。

【声deミラクル】身体・心・オーラが輝くメルマガ
いち早く情報をお届けしています。
読者様限定の特典もあります。
お申し込みフォームは画像をクリック♪

ランキングに参加しています。
ひとポチ応援いただけたら嬉しいです❤️
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
にほんブログ村

ボイスヒーリングライブ、講座紹介など動画をアップしています。
登録していただくと新規動画のお知らせが行きます。

関連記事

  1. 才能とは完成形を見る力

  2. 縄文エネルギーを歌う人たち

  3. ボイトレ都市伝説を暴くその3腹式呼吸が出来たら発声が良くなる…

  4. 声は一人一人違う楽器で固有のエネルギーを表現する

  5. 出にくい音域を出やすくする鼻歌楽々のどの筋トレ

  6. 声を学ぶことは自分への信頼を学ぶこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Mail Magazine

【声deミラクル】身体・心・オーラが輝く

 

一番早く情報をお届け♡特典もあります。

ランキングに参加しています

ひとポチ応援いただけたら嬉しいです❤️

 

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
にほんブログ村

YouTube