『瑠璃色の地球』三つのポイントで1ランク上に(ボイスレッスンノート)

コラム(101) #ボイストレーニング #ボイスレッスンノート

今回のボイスレッスンノートは『瑠璃色の地球』を歌うTさんのお話です。
Tさんにお伝えした三つのポイントは『瑠璃色の地球』に限ったことではなく、多くの曲に共通です。
【ポイント①リズムの取り方】
【ポイント②アで伸ばす音】
【ポイント③場面転換】
『瑠璃色の地球』は、この三つのポイントですごくわかりやすく変わります。

(ブログの最後に伝わる歌を歌うオンラインWSの告知をしています。
ぜひ最後までご覧くださいね)

Tさんの最初のレッスンは、キーを決めることでした。
これは言うまでもないことなので、三つのポイントには入れていません。

カラオケで歌う時、カラオケのキーのままで歌うのが当たり前、と思っている人がいます。
歌のキーは、歌手の声が一番綺麗に鳴るキーになっています。
そのキーが自分に合わなければ、移調しましょう。
一つずつ上げたり下げたりして歌いやすいキーを見つけましょう。

Tさんの場合、いろいろなキーで歌ってみて最終的に三つあげる(C→E♭)のがベストだとわかりました。
女性の場合、裏声チェンジの位置が人によって違います。
声帯のタイプなので生まれつきです。
チェンジの領域は、声量が弱く音程も不安定になりがちなので、メインの音域にならないようにします。
自分の音域、チェンジの領域を知っていることは歌を歌うなら最重要ポイントです^^b

キーが決まり、Tさんに歌っていただきました。
楽譜的に特に間違っているメロディ、リズムもなく卒なく歌えています。
でもサラッとしていてなんだか平面的。
これ、よくあります。
わたし自身、かつて歌のレッスンを受けていた時よく言われました。
「なんか違うんだよね」と腕組みされて考え込まれたことも^^;
この時は理由を教えてもらうことなく。。。
レッスンをやめる原因となりました。
「なんか違う」とわかっているからレッスン受けに行っているのに、と腹が立ち悲しくなりました。
その時のわたしにレッスンしたいです。
次の三つのポイントですごく良くなります。

【ポイント①リズムの取り方】
楽譜は左から右へ進行します。
四拍子なら、1 2 3 4 1 2 3 4
と取りますね。
左から右へタン、タン、タンとメトロノームのようにリズムを感じると平面的になります。
→→→ではなく円で捉えます。

一拍二拍で一つの円、三拍四拍で一つの円を
つまり一小節で二つの円を身体の前の空間に手のひらで描きます。
直径50センチくらいの大きな鍋の中のドロドロのスープをかき混ぜる感じ(笑)
サラッと円を描くのではなく、粘っこく描くわけです。
まず、歌わずに円でリズムを取り、出来るようになったら円を描きながら歌います。
リズムが驚くほど立体的になり、歌に自然な強弱、緩急がついてきます。

【ポイント②ア行で伸ばす音】
基本、ア行で伸ばす音は口をしっかり開けて息を吐きます。
広がりと明るさをアで表現することができます。

灯台の立つみさーきで
あなたがそばにいたーから
世界中の人たーちに
だけど愛するちかーらも

『瑠璃色の地球』はいろいろな意味で非常に良くできた曲です。
上記4つの箇所で韻を踏んでいます。

アで伸ばす上記の音でしっかり口を開けて息を吐いてください。
ハァーーーと多めに速く息を吐きます。
広がり感が生まれ、グッと表現力が増します。

前半の歌詞は明るいとは言えないんですね。
暗い海を見ながら、でも希望を語るわけです。
上記の「ア」で明るい韻を踏めると、暗さの中の希望が表現できます。

【ポイント③場面転換】
歌にもお芝居のような場面転換が多かれ少なかれあります。
『瑠璃色の地球』は場面変換がはっきりしています。

あなたがそこにいたから
生きてこられた

朝日が水平線から 光の矢を放ち
二人を包んで行くの 瑠璃色の地球

暗い海を見ていた。
切々と語っていた。
そうしたら突然、
朝日が光の矢を放つんです。
この場面転換はすごいです。

目前に広がる、パーーーーッと光の矢を放つ朝日を見ます。

薄暗さ→朝日の眩しさ
狭い視界→突然開ける

目の前しか見てなかった。
朝日が射したら目の前は明るい広大な海だった。
この情景がしっかり自分のものとして感じられたら歌が変わります。

さらにもう一つ場面転換があります。

一つしかない 私たちの星を守りたい

視界の悪い暗い海→朝日が射す広大な海
→さらにカメラを引きます。
地球を見ているんです。

この歌詞は少し唐突だな、とは思います。
でも、突然グーーーーッと目線を引いて「地球」を見せるのは見事な場面転換です。

歌の冒頭では「わたし」と「あなた」しか登場しません。
この転換で、突然「地球に住んでるみんなの想い」になるんです。
どんな想いかというと、わたしは「愛」だと思います.
生きとし生けるものへの、命への愛。

そして曲構成は、最後に移調してさらに盛り上げる形になっています。

というようなことをTさんにお伝えしました。
グッと歌が平面的→立体的になり、表現力が増しました。

Tさんとのご縁の始まりは7年前です。
倍音ボイス養成講座の前身であるボイスカウンセリングにお越しになりました。
目的は歌ではなく、話し声の改善でした。
その後発表会ライブにお誘いして出演していただくようになりました。
最初の頃は声がか細い印象でしたが今はしっかりした発声を手に入れられています。

今回のブログでは書きませんでしたが、歌のレッスンの前に必ず基礎発声練習をしています。
まず基礎的な発声ができていないと表現しようと思ってもうまく出来ないです。
具体的に、呼吸力と楽器として身体を使えるようにしていきます。

自分の声の魅力を知り、取説を知り、話し歌う倍音ボイス養成講座はこちらです。
自分の声の発見はとてもワクワクしますよ^^

倍音ボイス養成講座

話し声を改善したい方はこちらもおすすめです。
隔週三ヶ月かけてじっくり声に取り組みます。

倍音ボイス話し声講座

伝わる歌のポイント、さらに4つを加えて初めてWSで公開します。
【ZOOM】 今すぐ出来る伝わる歌 7つのポイント 『瑠璃色の地球』編
12月11日(日)定員は6名様です♪

…………♪…………♪…………
何か分からないこと、ご希望の講座などありましたらご遠慮なくお問い合わせくださいね。
講座はご希望日程でリクエスト開催もしています。

コンタクト

声で光を放ち人生を変える!倍音ボイスメルマガ
基本毎週日曜日配信、いち早く情報をお届けしています。
読者様限定の特典もあります。

ボイスヒーリングライブ、講座紹介、小林由起子弾き語りなど動画をアップしています。
登録していただくと新規動画のお知らせが行きます。
登録、「いいね」いただけると励みになります。

noteでこちらでは書かない雑記を書いています。
ゆきこば@HSP/HSSは世界を救う

ランキングに参加しています。
記事が良かったりお役に立てたらポチッと応援していただけたら嬉しいです♡
にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
にほんブログ村

関連記事

  1. 声が出づらく伝えられない→伝わる話し方へ(ボイスレッスンノー…

  2. 【ピアノ弾き語りのすすめ】only oneの音、ハーモニー、…

  3. 良いボイスヒーラー条件の誰でも持っているのに使えていないある…

  4. 喉のチャクラの開放度は音読するとわかります

  5. 声の表現力は「英語ネイティブ>日本語ネイティブ」から学ぶこと…

  6. 直感と違和感には前髪しかない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Mail Magazine

 

一番早く情報をお届け♡特典もあります。

note

 

マイノリティHSS型HSPの視点で本業以外のことを書いています。

ランキングに参加しています

ひとポチ応援いただけたら嬉しいです❤️

 

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
にほんブログ村

YouTube