倍音メソドとは

倍音とは

最もイメージしやすい倍音は除夜の鐘です。

 

 

あのごぉぉーーーん、という音。

小文字のぉぉーーの部分が倍音の表現です。

倍音効果を演奏やヒーリングに活かしているのがシンギングボウルやクリスタルボウルです。

 

 

クリスタルボウルやシンギングボウルからは多くの倍音、多くの周波数が出ています。

 

周波数とは

音は周波数で表せます。

ギターなどをチューニングするのは440Hzの音叉です。

単独のHzを持つ音は自然界ではありません。

自然的に発せられる音は全て倍音を含んでいます。

簡単に言うと多くの周波数を含んでいるのです。

 

倍音発声

多くの周波数を含む音です。

聞いていて心地良い、リラックス出来る、ハートに響く、通る、深い声。

発声していて心地良い声。

はーーーと発声したとき、残響音があります。

除夜の鐘の残響音のように。

どうやって残響音を作るか。

除夜の鐘は、撞木(しゅもく)と言われる突き棒で突きます。

よい音を鳴らすには適切な力、適切なスピードが必要です。

 

発声における突き棒

呼吸の力です。

吐く息が声帯を振動させることによって声が発せられます。

吐く息が適切な力、適切なスピードであることが必要です。

発声を決める多くの因子がありますが、第一は呼吸です。

発声は呼吸にはじまり、呼吸に終わると考えています。

 

倍音ボイストレーニングとは

まず、呼吸の力が使える呼吸力、身体を作ります。

この部分が発声の土台です。

土台がしっかりしてこそ丈夫で美しい家が建ちます。

土台がしっかりしていないと一見素晴らしい家も崩れて行きます。

 

 

そして、呼吸の力を発声に活かすワークをします。

呼吸の力を使った声こそ、本来持っている声です。

 

土台作りとともに、建築で言えば美しい家作りにあたる部分もトレーニングします。

まず一旦裸にします。

(笑)

全ての人が発声のクセを持っています。

本当の声が出したいと思っていても、いつの間にかついたクセが邪魔をします。

クセを取り去り、プレーンな状態にしてからトレーニングします。

話声なら発音、響きなど、歌ならさらに地声、ミックスボイス、裏声、音程、リズムなどなど。

 

ボイストレーニングというとこの部分である、と思われがちですが。

土台が出来ていないとあまり芳しい成果が出ません。

しっかりした呼吸に支えられた声は、それだけで響き、通ります。

ほぼ8割方は完成すると言えます。

 

倍音ボイスメソドとは

除夜の鐘で言えば

鐘=身体、心、魂

まず、実際的な楽器である身体を知り、整えます。

本当の声を阻害する声のクセ(=心のクセ)を知り向き合います。

それによって本当の自分(=魂)が溢れ出てきます。

あなただけが持っている撞木を磨いて整えること。

 

宝石の原石が埋まっている鉱物から不要な部分を取り去り、整えて、最も美しい状態まで磨き上げるのにも似ています。

 

そうして発声される声は、最高のあなたを表現します。