ボイトレ都市伝説を暴く☆ロウソクの炎を消さずに歌うetc

コラム(23)#ボイストレーニング

ボイトレって都市伝説的なあやしい説が実はいっぱいあります(笑)

ボイストレーニングって昔からきちんと研究されていない分野だからだと思います。

今は大分わかってきています。

アスリートのための身体的研究に負うところはが大きいです。

 

代表的な都市伝説を今日は解説しますね!

 

まず超有名なこれ。

ロウソクの炎を消さずに歌う

 

ロウソクの炎を消さずに歌うはNG

 

 

金沢明子さんが民謡歌手のお父様に教わった練習法とか。

これ、絶対にNO

初心者〜中級者は絶対にやってはいけません。

 

今でも検索するとボイトレwebサイトに載っています。

そういうwebサイトは古いです。

7〜8年以上前のものだったりします。

 

こういう練習法って上級者には有りかな、というか無しではないかな、と思います。

呼吸のコントロールという点において。

私はおすすめしませんが。

 

似ているものにこんなのも。

口の前にティッシュをおいて揺れないないようにする

これももちろんOUTです。

 

昔は息を出さないように発声する、という怖ろしい説がありました。

息を出さないようにすると確かにブレスは長く持ちます。

でも声帯痛めます。

 

次行きますね。

 

発声のために腹筋筋トレした方がいい

 

 ボイトレに腹筋の筋トレが必要説は間違い

 

答えは

NO!

筋トレ、しなくていいです。

 

シックスバック、不要です。

というかむしろNGです。

 

同様に

お腹に力を入れて固くして発声する

これもOUTです。

 

昔はお腹に力を入れる説がありました。

声の支えを作るためと思われますが。

間違っています。

 

息を入れるときにお腹(脇腹メイン)に膨らませます。

そして、なるべく膨らませたまま維持します。

これが支え(横隔膜を下にキープする)です。

 

お腹を弾力あるゴムだと思ってください。

弾力あるゴムを内側から広げます。

力を入れる、とも言えますが誤解を招きますね。

固めてはいけない、力んではいけないんですね。

お腹は固くてはダメなんです。

 

お腹を凹ませて発声する

最後はこれです。

 

これもNOです。

お腹を凹ませたらすぐ息がなくなります。

出来ればお腹を膨らませたまま発声します。

 

 

いかがでしたか?

結構デタラメですね^^;;

 

webサイトやYoutubeなどで情報を得られるよい時代になりましが、古いものは情報更新していないものも多いです。

新しいものは結構正しい情報を載せています。

投稿、制作年月日を確認しましょうね(^_^)b

 

正しい情報が知りたい方はぜひお越しくださいね(*^_^*)

 

ボイストレーニングを受けたい方は

トータルボイスカウンセリング

声についてしっかり学びたくなったら

養成講座ベーシック

8月25,26日に開催しますよ。

8/25,26養成講座ベーシック32期

お問い合わせくださいね(*^_^*)

 

情報はメルマガにて一番早くお知らせしています。 

いろいろと特典もあります 

メルマガお申し込みはこちらです

  

なにかご質問がありましたらご遠慮なくお問い合わせくださいね。 

養成講座、ボイストレーニングやボイスヒーリングのこと、ライブのこと何でも。 

お問い合わせ、お申し込みはこちらです。

 http://baion-voice.com/contact