発声するときお腹は凹ませる?凹ませない?

コラム始めした!

一回目は発声のあるある疑問。

 

発声するときは

お腹を凹ませる?

凹ませない?

どちらだと思いますか?

 

発声時は息を吐いています。。

息を吐く時、肺が小さくなって行きます。

だから特に意識しなければお腹か胸が縮みます

時々、むしろ思いっきりお腹を凹ましている人もいます。
お腹を凹ませる勢いで発声をしているんですね。

すると息がすぐ足りなくなりますね。

 

だからお腹は凹ませてはいけません

 

内側から圧力をかけてお腹を張って発声します。
内側の筋肉(インナーマッスル)外側に張るんです。

私はこれを出腹維持発声と言っています。

 

出腹維持にすることによって何をしているか

横隔膜が下がった状態を保っています。

横隔膜です。

 

肋骨の下にくっついている筋肉の膜で、平らでなく上が高い傘のような形をしています。

腹式呼吸とは横隔膜を下げて肺を大きくする呼吸です。

つまり

出腹維持
 
肺を大きく保つ
 
ブレスを保つ

声は息です。
吐く息が声帯を通ることにより音が出るのです。

発声のコントロールとは

息のコントロールであると言えます。

 

では一体お腹のどこを膨らませるのでしょう。

諸説あり、また時代によって変遷もあるのですが。

 

肋骨から下のお腹周りをぐるっと最大限大きくする感じ。

お腹を円筒形だと思ってください。
つまりお腹も背中も脇腹もです。

一番意識するのは脇腹です。

 

肋骨下の脇腹、ウエストの位置に手を当てて広げてみてください。

 

呼吸に使う筋肉は実はここにあるのです

呼吸に使う筋肉については次回に続きます